FC2ブログ

START LINE~カラッポの僕にもできること~

このブログは、夢見がちな青年の葛藤、趣味、挑戦がテーマです。大人になって分かった沢山のこと。 ただ、生きているだけではダメだと言うこと。 だから、何かはじめたい!きっと何か始めれるはず!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日ほど感情を抱く日も、そうはないと僕は思う。



彼女と別れ、再び仕事をしていた僕はエレベータの中で、驚く場面を目撃した。

チンっ


と開いたエレベーターに一つのベッドが運ばれてきた。
容態が悪くなったので、別の病棟へ移動させているようだった。



どんな人だろうか・・・?気になり顔を覗き込むと。
それは、夏まで僕がお世話させていただいた患者さんだった。。。

夏に見た時とは、まるで別人。頬は痩せ、顔色は白くなり、息も荒々しかった。。。


あまりの強烈な変化に僕は、ショックを隠せなかった。。。


そして、仕事が終わってすぐに、彼に会いに向かった。

自分が3年以上もの間、お世話をさせていただいていた方だ。もちろん愛着もすごくわいていた・・。


病室に行くと


以前元気に歩いていた姿は、もぅそこには無かった・・・。



やっぱり見間違いじゃないほどに痩せた身体。血の気の無い表情。変わり果てた彼がそこに居た。

僕は何とも言えない気持ちを抱きながら、声をかけた。


「○○さん・・?」



もちろん、返答はない・・・


ただ、うつろに開いた瞳だけが僕を見つめていた。

1年前までは、自分ですたすたと歩き、何でもご飯も食べて、いつしゃべりかけても笑いかけてくれるおじいさんだったのに・・・。

仕方が無いこととはいえ、その姿に胸が締め付けられるような気持ちになった。

僕は声をかけながら、手をギュッと握っていた。


そこには、命の終わりのせつなさがあった。
この上ない悲しみの感情で目に涙がたまった。

もう一度元気になってよ・・・っ!


届かない願いを、祈りたかった・・・


ずっと声をかけていると、彼が少しだけ笑った。
優しい彼に、僕の心のせつなさがバレたのかも知れない。咳をしながら、彼は少しだけニコリと笑った。



一気に涙が出た。


どうして、そんなに優しいのッ!?もぅ無理しないでっ!!
そんな気持ちと同じくらい、嬉しかった。
彼の優しさが、彼の人生に立ち会えた自分が、この人のような人生を送りたいッそう思った。


誰もを愛し、誰にも優しく接し、誰にも最高の笑顔を見せてあげる。





そんな気持ち、そんな感情を心にくれた”介護”に僕は感謝する。!


僕が普通に生きていたら、僕はこんな感情には出会えなかっただろう。

介護だから、出会えたきっと。


そうだよ・・。
僕は、介護が大好きだよっ!!



これからも、命を見守って行きたい。命に寄り添っていきたい。!
それが、どうしようもない僕に出来るたった一つの事だと思う。こんな人間でも喜ばせてあげる事が出来る。笑わせてあげる事が出来る。



この仕事を続けていくこと。

それが目標でいいんだ、そう思った。



この仕事が大好きなクセに、この仕事では生きて行けないから、この仕事を諦めようとしていた。


だけど、もし・・・。

この仕事が出来る環境を得られるならば、大好きなこの仕事をやめる理由はない。!


金銭面の問題をクリアすれば、僕は一生を介護に費やしても構わない。!!



そのチャンスを掴みたい。

夢を描いた。





沢山お金が稼げたら、この仕事をずっと続けよう。

心に余裕が出来たなら、もっともっと彼らの為に僕は頑張れる・・。


そして、勉強をしたい。
自分の施設を持つ勉強を、全部つぎ込んでもいい。
さまざまな資格も、スキルも夢の為に覚えたい。!


そして、10年後にでも。
僕の作った施設で、大好きな患者さん達と生きて行きたい。


僕と同じように介護を愛する人たちと一緒に、介護を続けて生きたい。


いつかは自分の両親も、そこで穏やかに過ごせてもらえれば最高だと思う・・・。




迷い迷った道だったけど。

もし願う事が、続けることが許されるなら。



僕は介護を死ぬまでやりたい。


そう、思った。
スポンサーサイト
コメント
読んでみて……
初めての書き込みで、スイマセン。



ユズハさんの、日記で良いのかな?読んで目がウルウルと、きてしまいました。


人それぞれ色んな事を抱えて生きていると思います。その中で一期一会を、大切にしていきたいと、感じ取ることが出来ました。
もし、エレベーターに乗らずに階段を使っていたら間違いなく、感じることが出来なかったと思います。
ユズハさん、頑張って!かげながら応援致します。


私も、その時その時を大事にし、色んな出会いをしていけたらいいなと、思います。
2009/10/16(金) 01:18:31 | URL | Y・T #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://yuzuxstartline.blog7.fc2.com/tb.php/205-a42799b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。