FC2ブログ

START LINE~カラッポの僕にもできること~

このブログは、夢見がちな青年の葛藤、趣味、挑戦がテーマです。大人になって分かった沢山のこと。 ただ、生きているだけではダメだと言うこと。 だから、何かはじめたい!きっと何か始めれるはず!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、もはや定例となり半年になる。ポケモン対戦会を休止にしました。


さほど、重大な話ではないし。普通に考えたら、で?って感じなんですけども。


それを通じて、遊んでいた二人に感謝をしたくて書きます。


小学校からの長馴染みの二人なんだけども。ポケモンがどうとかではなく。会うキッカケとして共通するものがあった事を、嬉しく思います。


半年くらいずっと、毎週遊んでたんですけども。正直楽しかった・・・。

懐かしさと、久しぶりにいつも遊ぶという感覚は、幼かったあの頃をとてもよく思い出し・・・。


大人になっても、子供のまんま・・・そう分かりつつも、あいつらの顔を見ていると嬉しさとか楽しさばかり感じれた。


二人もまだまだ人生は困難が続くが・・共に生きて生きたいなと。そぅ・・・思う。


ここにッ!


我が半年に及ぶ。ポケモンライフを一端の休止にする事を表明するッ!
楽しませて頂いた、たくさんの動画と遊んでくれた友人ッそして、育成した40数匹のデジタルの世界のモンスターたちに感謝をッ!


ポケモン


いや。もぅ何故か愛着がすごいんですけど。
最終的に、実際に居てくれたらなぁ。と思ってしまう、そんな痛い思考が芽生えるほどに愛着が沸いてしまったっていう。

これは、昔やってた”たまごっち”並みに愛してますね。


始めてやった時、たまごっち愛してました。
ぎんじろっち?やったんですけどねぇ・・生きてるみたいに扱ってました。


それも、懐かしいんですけど。
なんででしょう?一筋縄じゃなかったからか、ものごっつい感情移入しています。


イーブイとか家に欲しいです。
イーブイ
イーブイ


神ゲーだったわな。


また、いつかはまりたいです。って言うか、子供にもやらせたいです。
対戦したいですね。大人気ないほどに。


まぁ・・そんな事は置いておいて、


なんで、急に辞めたの?って話ですけども。



勉強するので。辞めました。

200%邪魔になるんでね。

押入れの中に”ゲーム類すべて”封印しました。


行動を変える為には、やってきた行動を捨てなければいけない訳ですよ。

それは、自身が以前記事にもしたんですが。自分の一日の流れ。というものは、無意識に自身が完全構築しています。


それは、例えば思いつきで行動しても、絶対に変化はしません。
変化させるには、それ相応の努力が必要です。


けれど、その行動そのものを欠損させてしまえば、空所となったその部分、何かが入らなければならないのです。

だからこそ。

自分のやるであろう、行動に気を配り一つずつ潰していく。

これが、僕が勉強に打ち込む為にしなきゃいけない。第一ですね・・

自分が根気がない事は分かっているので、逆に勉強しかやることないくらいの環境をどれだけ作れるか?


これが鍵でしょう・・。


けれど、PCが占めているウエイトもかなり重たいですので。もしかしたら、PCも封印するかも知れません。


TVは元々見ないんでいいんですけども。

自分で一日の表つくったときに、PCとゲームなくなったら、すごすぎて吹いたんですが。


徹底的じゃないと、甘えると思うので、仕方ないですね。


過去の記事を読み返すと、同じことを繰り返し、巻き返し、何度も言ってます。何度も自分に叱咤しています。


想いは同じなんですよね。


分かってはいるんです。だけど、出来ない。
それを、一番越えていたのがティエンズの時です。

一番乗り越えていました。


あの自分には、並々ならぬ決意があった訳ですが。


それを再び頑張らなければいけない。今回は仲間はいません。1人です。

自分との戦い。



僕は、今まで高い場所をずううっと夢みていました。

それ以前は、空すら見ずに、何とか前へ進めたら。。そう思い生きてました。


生きること、死ぬことについて何回も考え。

病院で起こった事について、そこから自身の心になにか感じれることを取り込みたいと思っていました。


トラックバックしている記事は、僕の人生の中でも特に綺麗だった思い出です。
あの人のようになれたらなと。そう思います。



夢はあります。

行きたい場所がたくさんある。


だけど、今のままじゃ全部夢どまり。


母さんに伝えたい言葉も、言えない訳ではないですが、今の少しずつまともになってきた自分が、何となく言ってしまっては、全く意味がないです。


あの頃”どん底”だった自分が心から叫ぶように「生きていて良かった」と言いたかった。
その気持ちで伝えなければ、意味がない!

全然意味がない!


あの頃の僕は、ひどかったですが。

だけど、懸命でしたッ。


生きたいと願う余裕もなく、死にたいばかりだけど、それでも必死で思考を繰り返していた・・。

葛藤し苦しみ、泣き、それほど真っ直ぐに何かを探していたのは、僕はすごく人間らしかったと。
そう思ってしまいます。


心に穴が開くってのは、そこを塞ぐ何かを”一生懸命に探す”その行動を呼び覚まします。


それは原動力だと思うし、何より、それが”今の僕”に繋がっていたんだと思うのです。


じゃあ、僕は?


今の僕は?



今の自分というのは・・・


あの頃の自分にとっては、未来であり、未完ではありますが、たどり着きたかった希望の方角であるんです。


じゃあ、僕は・・?


このバトンを受け取った僕は、どうしたらいいんですか・・・?


こんなに、一生懸命に僕にバトンを渡した僕のその気持ちに応えないと・・・ッ


僕は、変わる事変われる事を、今実感しています。


だと、すれば今ッ走者である僕は、このバトンを今、これからの僕に渡していかなくちゃ!



今にたどり着いた僕は、更に先にいく難しさを感じると共に、このままのラインで完成されていくそうな自分の未来も感じています。


このまま変わらなければ、辿り着きたかった未来とは、違う場所に辿り着く。。。


それは、過去の僕の望んだ形ではなく。

母さんに伝えたい、最愛の言葉を伝えられる場所でもなく。

後悔ばかりが目につく世界にしかみえないっ!



頑張ることが正解。


辿り着かなくちゃ、大切なモノが変わってしまう前に、このバトンを未来へ・・・!


意識しよう。


今までの全てッ出会った人たちとの全てッ心の傷と葛藤を作り出した理想を・・・何としてでも未来へ届けたい。





大丈夫。きっと・・・すべては・・・繋がっている。無駄な事なんて、一つだってない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://yuzuxstartline.blog7.fc2.com/tb.php/273-2cc180cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。